圧倒的に不足しがち


ズバリ言って日本男児は女性への情熱が外国人男性と比べて圧倒的に不足していると思う。

その例のひとつが男性ホルモンの分泌量が少ないことだ。

女の人をもっと愛することができれば、男性ホルモンはモリモリと分泌されるのではないだろうか。

常識的に考えて、男の人が女の人に性的興奮を覚えないことはあり得ないだろう。

こういった現状に陥っている国は日本だけではないのだろうか。

これは統計データにも現れていて、日本人のSEX回数は世界と比較しても断トツの最下位だ。

1年の平均SEX回数は日本人の場合は40回程度であるから、1週間に1回しているかどうかだが、本来ならば毎日でも愛情は交わすべきではないのか。

因みに世界各国の平均的SEX回数は100回になっているから日本は60回も足らない計算になる。

世の男性たちはプラス60回のSEXを目標にして欲しい。

ED治療薬の「バイアグラ」や「レビトラ」に頼るのは、より一層SEXパワーを高める目的で利用するという意味では良いだろう。

普段のあなたと違うペニスを女性に見せつければ相手も性的興奮を刺激されるだろうから、必然的にSEX回数は増加していくはずだ。

もっとSEXを重ねれば勃起不全の男性も少なくなると思うが如何だろう。

口コミでお客様も納得している薬通販サイトをご紹介中!!