違いを見極める


薬局やドラッグストアで、よく見かける表示で「医薬品」とか「医薬部外品」とかあるが違いについてご説明しよう。

「医薬品」を細かく分類すると「一般系」と「医療系」に分類されるが、医療上で用いられる目的とした薬が「医薬品」だ。

一方の「医薬部外品」は、医薬品と化粧品の中間的な分類になる。

人体に対して作用のスピードが緩やかな薬で機械器具でないものが「医薬部外品」に該当し「薬事法」という法律で定められている。
近頃では、スーパーマーケットやコンビニでも医薬品の販売ができるようになっている。

主力商品は、「滋養供給のドリンク」「栄養剤」「サプリメント」だ。

また胃腸薬やアルコール摂取に対応したウコン配合のドリンクも売れ筋商品のようだ。

一時期は薬剤師資格を持つ人材の求人募集が積極的に行われ給与水準も高く設定されていた。

現在はより一層規制緩和も進み、一部インターネット通販サイトでも医薬品を購入できる便利な環境になりつつある。

インターネットでの医薬品販売についての議論も活発で、内容の見直しに対し政治的な変化が起こっている。

海外の医薬品インターネット通販サイトでは個人輸入を中心に一定の規制はあるが合法的に購入できるようになっている。

当然だがどういった医薬品でも説明書を読み用法・用量を正しく守って使用するのは基本中の基本だ。

口コミでお客様も納得している薬通販サイトをご紹介中!!